合法なギャンブル

ギャンブルと言えば頭に浮かぶのがラスベガスやマカオなど、海外のカジノです。ギャンブルが合法化されている国で行うなら、日本人がカジノでプレイしても各地の法律に従って行えばもちろん合法なギャンブルとして参加することができます。日本で合法なギャンブルと言えば、公営ギャンブルと言われる競馬、競輪、競艇、オートレースで、公の機関によって行うことが許可されています。富くじにおいては、「法令又は正当な業務による行為」として行われる場合は取り締まりから除外されます。例えば、宝くじは当選金付証票法によって規制され、合法なギャンブルとして購入が可能です。日本で海外の宝くじを購入することはできません。ギャンブル性が高いと言われるパチンコ店は、実は風俗営業としての遊戯施設ということになっており、法律上は認められています。
日本でのカジノは今のところ厳しく取り締まられているので行うことができません。違法で営業しているいわゆる「裏カジノ」が摘発されたというニュースも時々聞きます。ただし、オンラインカジノを個人的に行うことに関しては、運営の拠点が海外にあることなどから日本の法律としては今のところ「グレーゾーン」であり、取り締まりからは外れているようです。お金も実際に賭けられるので、日本でも人気が上がってきました。もちろん、ネットカフェなどで集客してオンラインカジノを行うことは、実施の拠点が日本にあるため取り締まりの対象となります。
こうしてみると、日本ではギャンブルは賭博法で取り締まられているとはいえ、様々なギャンブル、またはギャンブルに類似したものに参加できますね。日本でもカジノの合法化という話も時々出てきますので、ギャンブルに興味のあるかたは今後の動きにも注目しておきましょう。